なにがでるかな 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛しい我が子」というよりは

「神様っぽい人から預かった大事な人」

という感覚がずっと続いている。